一般社団法人日本毒性学会,THE JAPANESE SOCIETY OF TOXICOLOGY

English
HOME

個人情報の取扱いについて

一般社団法人日本毒性学会個人情報の適正な管理・利用等に関する基本方針
平成18年 1月13日  制定
平成28年 1月 1日最終改定
本基本方針は、一般社団法人日本毒性学会(以下本会という)が、会員の個人情報及び個人番号その他の特定個人情報(以下「特定個人情報等」という。)を取り扱うにあたり、個人情報及び特定個人情報等に関して適用される法令、ガイドラインその他の規範を遵守し、適正に管理・利用、保護するための事項を定めるものである。

  1. 利用目的の特定
    会員より取得する個人情報は、本会の学術研究に関する事業推進用途に供することを目的とし、これ以外の目的には原則非公開とする。また、特定個人情報等については、本会が個人番号利用事務等を外部に委託することにより、本会においては直接管理しないものとする

  2. 適正な取得、正確性の確保
    個人情報の取得は、原則として会員の自己申告に基づき、正確性、最新性の確保に努める。事務局はこれら情報に基づき定期的に最新情報に更新する。

  3. 安全性管理措置、従業者・委託先の監督
    会員の個人情報を取り扱う部門においては、アクセスできる職員を必要最小限度とし、内部統制に努める。1.の目的において個人情報を外部委託業者に提供する場合は、守秘業務契約を結ぶ等、必要な措置を講じ、適切な管理・監督を行う。
    また、個人番号利用事務等については、外部に委託することにより、当該委託において取り扱う特定個人情報等の安全管理が図られるよう、当該委託を受けた者(以下「委託先」という。)に対する必要かつ適切な監督を行ない、特定個人情報等の漏えい、滅失又は毀損を防止するとともに特定個人情報等を適切に管理するために、委託先の責任の明確化、委託先での漏えい等の事故を防止するための対策等の安全管理措置を講じる。

  4. 利用停止、請求等の処理
    会員からの個人情報の訂正、利用停止の連絡、など求めには適切かつ迅速に対応する。

付則 平成28年1月1日改定の同方針は同日から施行する。

PAGE TOP