一般社団法人日本毒性学会,THE JAPANESE SOCIETY OF TOXICOLOGY

English
HOME

学術年会/過去の年会/第36回日本トキシコロジー学会学術年会

第36回日本トキシコロジー学会学術年会報告

|第36回サイト|報告・御礼ご案内新名誉・新功労会員役員選挙結果新評議員学会賞奨励賞田邊賞受賞者
優秀研究発表賞

第36回日本トキシコロジー学会学術年会報告


年会長 津田修治(岩手大学農学部)

 第36回日本トキシコロジー学会学術年会の開催に際しましては、会員各位ならびに関係者各位のご協力により、大過なく終了することができました。ここに心から御礼申し上げます。以下に学術年会の概要を報告致します。
第36回日本トキシコロジー学会学術年会

1.会 期

2009年7月6日(月)~8日(水)
(市民公開セミナーは7月5日)

2.会 場

主会場 アイーナ(岩手県民情報交流センター)
副会場 盛岡市民文化ホール

3.年会の重点テーマ

トキシコロジストの社会貢献と教育

4.特別企画

・特別講演:2
・年会長招待講演:1
・教育講演:1
・シンポジウム:8
・ワークショップ:3
・市民公開セミナー:1

5.一般演題

口演:54題
ポスター:179題(うち優秀研究発表賞応募演題52)

6.年会参加者

1,087名(一般:1,040名,招待者:47名)

7.市民公開セミナー参加者

172名

8.懇親会参加者

404名(一般:359名,招待者45名)

9.協 賛

企業展示出展:43社,ランチョンセミナー:9社,アフタヌーンセミナー:1社,イブニングセミナー:3社,広告掲載:16社

PAGE TOP