一般社団法人日本毒性学会,THE JAPANESE SOCIETY OF TOXICOLOGY

English
HOME

学術年会/過去の年会/第32回日本トキシコロジー学会学術年会

第32回日本トキシコロジー学会学術年会報告

|第32回サイト|報告・御礼ご案内新名誉・新功労会員新評議員田邊賞受賞者優秀研究発表賞

下記は、年会の模様です。

ポスター発表会場

ポスター発表会場。
活発な討論が行われた。

優秀研究発表賞のポスター発表会場

優秀研究発表賞のポスター発表会場。

企業展示会場

盛況な企業展示会場。

懇親会での長尾理事長挨拶

懇親会での長尾理事長の挨拶。

懇親会での余興

懇親会での余興。

第32回日本トキシコロジー学会学術年会のご報告


学術年会長 土井 邦雄
(東京大学大学院農学生命科学研究科)

この度の第32回日本トキシコロジー学会学術年会の開催に際しましては、会員各位ならびに関係者各位にご協力頂き、御陰さまで賑やかで充実した学術年会となりました。
皆様には心からお礼申し上げます。以下に学術年会の概要をご報告致します。
第32回日本トキシコロジー学会学術年会

1.会期

2005年6月29日(水)~7月1日(金)

2.会場

江戸川区総合区民ホール(タワーホール船堀)

3.主テーマ

「毒性発現機序の多面的解析と創薬への応用」

4.特別企画

12企画
(年会長招待講演1、特別講演3、教育講演3、シンポジウム2、ワークショップ2、セミナー1)

5.一般演題

214題(優秀研究発表賞応募演題36、口頭発表演題74、ポスター発表演題104)

6.年会参加者

1,294名(ASIATOX若手研究者6名を含む)

7.懇親会参加者

302名

8.協 賛

機器展示出展53社、ランチョン・イブニングセミナー開催14社


以上

PAGE TOP