一般社団法人日本毒性学会,THE JAPANESE SOCIETY OF TOXICOLOGY

English
HOME

学会概要/沿革

関連年表

西暦 年会長
(開催地)
日本毒性学会の動き 国内の関連事項 国外の関連事項
1951 実験動物研究会発足。
54 第1回実験動物学会開催。
56 水俣病公式確認
59 米国FDAが、農薬、医薬品、食品添加物、化粧品等の安全性評価ガイドラインを公布。Toxicology and Applied Pharmacology 創刊。
60 日本先天異常学会発足。 Fundamental and Applied Toxicology創刊。
61    米国にSociety of Toxicology (SOT)、カナダにCanadian Association of Research in Toxicology (CART)が発足。
62 サリドマイド服用による催奇形性。 欧州にEuropean Society for the Study of Drug Toxicity (EST)が発足。
63 厚生省による新医薬品申請時の催奇形性試験成績の提出義務化。
64 国立衛生試験所に毒性部新設(池田良雄部長)、動物繁殖研究所設立(今道友則理事長)
65 厚生省による生殖毒性試験法ガイドラインの公表。
66 実験動物中央研究所付属 前臨床医学研究所の設立(柳田知司所長) WHOによる薬物安全性前臨床試験の原則公表。
67 厚生省による医薬品非臨床試験ガイドラインの公表。製薬企業による医薬品安全性委員会の発足。
68
69 学術会議における公害問題特別委員会の発足。スモン病発生。日本製薬協前臨床部会発足(75年に基礎研究部会と改称)
70 学術会議生理研連内へのトキシコロジー小委員会設置の提案。後に薬理研連(田邉恒義委員長)所属として活動開始。 残留農薬研究所の設立。食品薬品安全センターの設立。
71
72 学術会議医薬研連から総理府へ「医薬品の臨床評価に関する体制確保」案を答申。農水省による残留農薬の安全性評価基準指針の公表。環境変異原研究会発足。
73 獣医系大学及び製薬企業の専門家を中心とした毒性研究会(今道友則代表、会員435名)の発足。 化審法公布。化検協に化学品安全センターを開設。食品農医薬品安全性評価センターの設立。
74 毒性研究会理事長に今道友則就任。 AF-2の発がん性。畜産生物科学安全研究所の設立。
75 第1回
酒井文徳
(東京)
トキシコロジー小委員会を中毒研究連絡会(村野匡委員長)と改称。医薬系を中心とした日本毒作用研究会の発足。第1回日本毒作用研究会(特別講演2題、一般講演26題)の開催。 厚生省による薬物依存性試験ガイドラインの公表。
76 第2回館
 正知
(岐阜)

第3回
粕谷 豊
(東京)
日本毒作用研究会の機関誌として、The Journal of Toxicological Sciencesを創刊。毒性研究会が発展的に解散し、日本毒作用研究会と合流。
77 第4回
石川栄世
(東京)
第1回国際トキシコロジー学会International Congress in Toxicology, ICTの開催(トロント)
78 第5回
白須泰彦
(東京)
中毒研究連絡会を毒科学研究連絡会(酒井文徳委員長)と改称。 国立衛生試験所に安全性生物試験研究センター(池田良雄センター長)が発足。 国際薬理学大会においてトキシコロジー分科会(Zbinden分科会長)を設立。米国におけるGLPの公布。
79 第6回
山野俊雄
(大阪)
第1回毒科学研連シンポジウム開催。 日本中毒学会発足。
80 第7回
柳谷岩雄
(大阪)
IUTOXに毒作用研究会として加入。毒作用研究会に学会化準備委員会(田邉恒義委員長)を設置。第7回毒作用研究会において、日本毒科学会と改称し、会則を制定。 International Union of Toxicology, IUTOX(Friess初代会長、米国)が創立。
81 第8回
塚田裕三
(東京)
日本毒作用研究会が発展的に解消し、日本毒科学会The Japanese Society of Toxicological Sciencesが発足。田邉恒義初代理事長。会則改定。 Toxicologist創刊。
82 第9回
田邉恒義
(札幌)
厚生省における医薬品GLPの制定。
83 第10回
今道友則
(東京)
日本製薬協に安全性評価委員会発足(のち、医薬品評価委員会と改称) IUTOX主催のICT IIIを開催(米国、サンディエゴ)
84 第11回
藤村一
(京都)
酒井文徳第2代理事長。 国立衛試安全性生物試験研究センターにセルバンク創設。
85 第12回
大森義仁
(東京)
会則改定。
86 第13回
村野匡
(東京)
ICT IV(酒井文徳会長)を東京で開催。IUTOX副会長に福田英臣就任。
87 第14回
土屋健三郎
(北九州)
酒井文徳第3代理事長。第1回日韓合同毒科学シンポジウム開催(ソウル)
88 第15回
池田正之
(仙台)
89 第16回
柳田知司
(横浜)
厚生省による医薬品毒性試験ガイドラインの公表。 ICT V開催(ブライトン)。チェルノブイリ事故による放射能汚染。OECDの高生産量化学物質毒性点検開始
90 第17回
亀山勉
(名古屋)
和田攻第4代理事長。基礎教育講習会開始。Risk Assessment Summer Seminar(RASS)への派遣開始。第2回日韓合同毒科学シンポジウム開催(名古屋) トリプトファン服用による死亡。
91 第18回
堀口俊一
(大阪)
動物実験に関する日本毒科学会指針を作成。 厚生省による一般薬理試験及び薬物動態試験ガイドラインの公表。Regulatory Scienceの提唱。 日米欧3極International Conference on Harmonization of Trchnical Requirements for Registration of Pharmaceuticals for Human Use (ICH)の開始。
92 第19回
黒岩幸雄
(東京)
サテライトシンポジウム開始。 ICT VI開催
(ローマ)
93 第20回
佐藤哲男
(千葉)
福田英臣第5代理事長。学会情報を創設。第3回日韓合同毒科学シンポジウム開催(ソウル)
94 第21回
菅野盛夫
(札幌)
ソリブジンの副作用事件。免疫毒性研究会設立。 The Asian Federation of the Toxicology Societies, ASIATOX設立、柳田知司会長。
95 第22回
藤井儔子
(東京)
田邉賞の設置。酒井文徳先生ご逝去。 日本でのICH-3の開催(横浜)エイズ薬害。サリン事件。 ICT VII開催、IUTOX副会長に佐藤哲男就任(シアトル)
96 第23回
小栗一太
(福岡)
田邊恒義先生ご逝去。黒川雄二第6代理事長。ホームページの開設。 ダイオキシンの基準値設定(厚生省;耐容一日摂取量、環境庁;健康リスク評価指針値) 内分泌かく乱化学物質Endocrine disrupterが問題化。
97 第24回
井村伸正
(東京)
年会費改定、学生会員の新設。日本毒科学会から日本トキシコロジー学会(The Japanese Society of Toxicology, JST)への名称変更。トキシコロジスト認定制度の発足、Grandfather誕生。 神経毒性研究会発足IARCでダイオキシンがグループ1となる。 第1回ASIATOXの開催、柳田知司会長(横浜)
98 第25回
五十嵐俊二
(名古屋)
資格試験による初の認定トキシコロジスト誕生(総計148名)会則改定及び英文会則作成。新シンボルマークを作成。会誌のデザイン変更、英文チェッカー採用。理事長選挙内規作成。理事・監事の任期変更。 毒科学研究連絡委員会が、トキシコロジー研究連絡委員会に名称変更。環境ホルモン学会、発足。毒物混入事件頻発、急性中毒特集を作成。 ICT VIII開催(パリ)WHO/EUROが、ダイオキシン類毒性の再評価をし、新耐容一日摂取量を提示。
99 第26回
鎌滝哲也
(札幌)
唐木英明第7代理事長。委員会再編成。事務局員の勤務規定作成。
2000 第27回
遠藤 仁
(横浜)
第2回ASIATOX
(韓国、済州島)
1 第28回
井上 達
(東京)
ICT IX開催
(ブリスベーン)
2 第29回
松澤 利明
(名古屋)
遠藤仁第8代理事長。田邊賞規程改定。
3 第30回
赤堀 文昭
(相模原)
会則改定。ホームページ移設 http://www.jsot.jp
4 第31回
玄番 宗一
(大阪)
田邊賞規定改定。学会事務局閉鎖。 ICT X開催
(フィンランド)
5 第32回
土井 邦雄
(東京)
長尾拓第9代理事長。学会事務局を(財)国際医学情報センターに設置。
日本学術会議トキシコロジー研連シンポジウム、第28回を以て終了。
日本学術会議協力学術研究団体に加入。
6 第33回
堀井郁夫
(名古屋)
学会賞・奨励賞の制定
第9代理事長の土井邦雄理事長への交代
ASIATOXⅣ
(中国)
7 第34回
吉田武美
(東京)
ICT XI
(カナダ)
8 第35回
菅野純
(東京)
山添 康第10代理事長
9 第36回
津田 修治
(盛岡)
「会員専用」ページを開設
https://toxicol.org/
ASIATOXⅤ
(台湾、台北)
10 第37回
安仁屋 洋子
(沖縄)
吉田武美第11代理事長
学会英名を「JSOT」に変更
学会ロゴを変更
IUTOXXII →ICT XII
(スペイン、バルセロナ)
11 第38回
眞鍋 淳
(横浜)
ファイザー賞を新設、表彰を開始
技術賞を新設、表彰を開始
12 第39回
永沼 章
(仙台)
菅野純第12代理事長
学会名称を「日本毒性学会」へ変更
ASIATOX VI
(日本、仙台)
13 第40回
上野 光一
(千葉)
望月喜多司記念賞の推薦を開始 ICT XIII
(韓国、ソウル)
14 第41回
中村 和市
(神戸)
眞鍋淳第13代理事長
学会事務局を(株)メディカルトリビューンに変更
総務委員会に連携小委員会を設置
法人化し一般社団法人日本毒性学会を発足(5月)、併せて会則を基に定款を制定、会計年度、役員任期開始日を変更
特別賞を新設、表彰を開始
Fundamental Toxicological Sciencesを新設
15 第42回
鍛治 利幸
(金沢)
日化協LRI賞の表彰を開始
学会事務局を(株)毎日学術フォーラムに変更
ASIATOX VII
(韓国、済州)
16 第43回
佐藤 雅彦
(愛知)
ホームページ(日本語・英語)全面改定
永沼章第14代理事長
ICT XIV
(メリダ、メキシコ)
IUTOX Presidentに菅野純就任

PAGE TOP