一般社団法人日本毒性学会,THE JAPANESE SOCIETY OF TOXICOLOGY

English
Home

学術年会/優秀研究発表賞

第48回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

優秀研究発表賞 優秀研究発表賞 優秀研究発表賞 優秀研究発表賞 優秀研究発表賞

(♦:受賞者)

P-1E 低分子化合物プロファイルデータの作用分離解析による構造類似化合物の相違点の評価
♦水野 忠快, 森田 勝久, 根本 駿平, 楠原 洋之
東京大学大学院薬学系研究科分子薬物動態学教室
P-2Eタンパク質分解系を指標としたピレスロイド系農薬デルタメトリンによる神経毒性メカニズムの解析
♦平野 哲史1, 鈴木 二平1, 池中 良徳2, 星 信彦3, 田渕 圭章1
1富山大学 研究推進機構 生命科学先端研究支援ユニット, 2北海道大学大学院 獣医学研究院附属動物病院 トランスレーショナルリサーチ推進室, 3神戸大学大学院 農学研究科 応用動物学講座 動物分子形態学分野
P-36E微小粒子状物質(PM2.5)曝露による虚血性炎症の亢進と脳梗塞予後の増悪
♦田中 美樹1, 大黒 亜美1, 鍋谷 悠2, 奥田 知明3, 伊藤 康一4, 石原 康宏1
1広島大学大学院/統合生命科学研究科/生命医科学プログラム, 2宮崎大学/工学教育研究部/環境応用化学科, 3慶應義塾大学/理工学部/応用化学科, 4徳島文理大学/香川薬学部/薬物治療学講座
P-106Eユーロガイドに準拠したケージでペア飼育したイヌの社会行動解析による薬剤誘発性の精神障害評価の試み
♦向井 美穂, 福島 民雄, 浅岡 由次, 加藤 祐樹
塩野義製薬株式会社
P-166Eヒト3次元培養口腔粘膜モデルを用いる口腔粘膜刺激性試験代替法の開発
-刺激性/無刺激性区分のためのクライテリアの検証-

♦相澤 聖也1, 吉田 秀徳2, 梅下 和彦3, 渡辺 真一1, 高橋 豊2, 坂根 慎治3, 坂口 斉2, 片岡 伸介1
1ライオン株式会社 研究開発本部 安全性科学研究所, 2花王株式会社 基盤研究セクター 安全性科学研究所, 3サンスター株式会社 研究開発推進部 安全性・分析室


第47回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

優秀研究発表賞 優秀研究発表賞 優秀研究発表賞 優秀研究発表賞 優秀研究発表賞

(♦:受賞者)

P-8E ミクログリアにおけるメチル水銀によるオンコスタチンM発現誘導機構
♦星 尚志1,2, 外山 喬士1, 永沼 章1, 齋藤 芳郎1, 黄 基旭1,2
1東北大学大学院薬学研究科, 2東北医科薬科大学薬学部環境衛生学
P-19EAcetamideのラット肝発がん過程における染色体異常及びDNA損傷の関与
♦中村 賢志1,2, 石井 雄二1, 木島 綾希1, 高須 伸二,1 能美 健彦1,2, 渋谷 淳2, 小川 久美子1
1国立医薬品食品衛生研究所 病理部, 2東京農工大学大学院 獣医病理学研究室
P-59E低用量ペルメトリンの早期慢性ばく露による成熟後の雄マウス行動影響
♦齊藤 洋克1, 原 健士朗2, 冨永 貴志3, 中島 欽一4, 北嶋 聡1, 菅野 純5, 種村 健太郎2
1国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 毒性部, 2東北大学大学院 農学研究科 動物生殖科学分野, 3徳島文理大学 神経科学研究所, 4九州大学大学院 医学研究院 基盤幹細胞学分野, 5国立医薬品食品衛生研究所
P-61EHLA多型特異的な薬物性の免疫毒性発症に対する免疫寛容系の関与
♦青木 重樹, 桑原 佐季, 薄田 健史, 伊藤 晃成
千葉大学大学院薬学研究院生物薬剤学研究室
P-77E心拍変動解析によるサルの薬物誘発性痙攣の予測
♦久我 和寛1, 永田 祥也2, 仲山 千佳夫3, 尾崎 晴茂1, 藤原 幸一2
1武田薬品工業株式会社, 2名古屋大学, 3京都大学


第46回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

優秀研究発表賞表彰式(2019年6月27日)
優秀研究発表賞表彰式(2019年6月27日)

(♦:受賞者)

P-9E リン酸化ヒストンH2AXを指標とした各種金属類のDNA損傷性の検討およびリン酸化誘導を抑制する金属類に注目した変異原性に関する研究
♦柏木 裕呂樹, 豊岡 達士, 王 瑞生, 甲田 茂樹
労働安全衛生総合研究所
P-11Eナノ粒子の低用量胎仔期曝露による脳血管周囲病変とその誘導機序
♦小野田 淳人1,2, 武田 健3, 梅澤 雅和4
1名古屋大学医学部附属病院 総合周産期母子医療センター, 2日本学術振興会 特別研究員PD, 3山口東京理科大学 薬学部, 4東京理科大学 研究推進機構総合研究院
P-23E11.7T 1H-Magnetic Resonance Spectroscopyを用いた脂肪肝モデルラットにおける肝脂肪蓄積量の定量
♦吉野 有香1, 藤井 雄太1, 吉沢 佑基1, 上松 泰明1, 中江 文2, 圓見 純一郎2, 吉岡 芳親3, 宮脇 出1
1大日本住友製薬 前臨床研究ユニット, 2大阪大学大学院 生命機能研究科, 3大阪大学 先導的学際研究機構
P-24E全身毒性評価におけるIATAアプローチを用いたread-acrossの有用性検証
♦中川 翔太, 岡本 真生子, 額田 祐子, 森田 修
花王株式会社 安全性科学研究所
P-46ESTK11/LKB1によるFas誘導性アポトーシス制御機構の解析
♦土田 芽衣, 平田 祐介, 野口 拓也, 松沢 厚
東北大・院薬・衛生化学


第45回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

優秀研究発表賞表彰式(2018年7月20日)
優秀研究発表賞表彰式(2018年7月20日)

(♦:受賞者)

P-23核酸医薬のハイブリダイゼーション由来のオフターゲット毒性評価におけるパスウェイ解析の活用
♦住友 準一, 太田 哲也, 有賀 千浪, 清水 俊敦
田辺三菱製薬株式会社創薬本部
P-25AIを用いたヒトiPS細胞由来ニューロンにおける痙攣毒性予測法の検討
♦松田 直毅1, 小田原 あおい1,2,3, 岡村 愛4, 木下 健一4, 白川 誉史4,6, 鈴木 郁郎1,5,6
1東北工業大学, 2東北大学, 3日本学術振興会, 4アステラス製薬, 5日本医療研究開発機構, 6ヒトiPS細胞応用安全性評価コンソーシアム
P-35ザンビア共和国カブウェ鉱床地域における鉛汚染問題:10年間の研究結果と今後の課題
♦中山 翔太1, ヤベ ジョン2, 池中 良徳1, ムザンド カアンプウェ2, チョーンゴ ケネディ2, 中田 北斗1, 豊巻 治也1, ベイエネ ヤレド1, カタバ アンドリュー1, ジアンボ ゴルデン2, 栗谷 豪3, 中川 光弘3, 水川 葉月1, 石塚 真由美1
1北海道大学大学院獣医学研究院 環境獣医科学分野 毒性学教室, 2ザンビア大学獣医学部, 3北海道大学大学院理学院
P-36妊娠期ヒ素曝露による孫世代肝腫瘍増加に関わるDNAメチル化で制御される遺伝子候補の肝細胞株における機能解析
♦岡村 和幸1, 中林 一彦2, 堀部 悠2, 河合 智子2, 鈴木 武博1, 秦 健一郎2, 野原 恵子1
1国立研究開発法人国立環境研究所環境リスク・健康研究センター, 2国立成育医療研究センター周産期病態研究部
P-47ストレス負荷時のミネラルコルチコイド受容体活性化を介した海馬細胞内へのZn2+流入は認知機能を障害する
♦鈴木 美希, 田村 公太郎, 佐藤 祐一, 玉野 春南, 武田 厚司
静岡県立大学薬学部統合生理学分野


第44回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

優秀研究発表表彰式(2017年7月12日)
優秀研究発表表彰式(2017年7月12日)

(♦:受賞者)

P-1 ヒト肝臓キメラマウス(PXBマウス®)を用いたTRAIL-R2/death receptor 5アゴニスト抗体の肝毒性評価及び網羅的遺伝子解析による機序解明
♦仁平 開人1, 2, 小野 擁子1, 南谷 賢一郎1, 加国 雅和3, 吉川 幸孝1, 太田 紀夫1, 日浦 政則1, 吉成 浩一2
1協和発酵キリン株式会社研究開発本部トランスレーショナルリサーチユニット, 2静岡県立大学薬学部衛生分子毒性学分野, 3株式会社フェニックスバイオ
P-12 データサイエンスに基づいた染色体異常誘発性の高精度予測と発がん性予測への展開
♦藤田 侑里香1, 本田 大士1, 松村 奨士1, 川本 泰輔1, 森田 健2, 松田 知成3, 伊藤 勇一1, 山根 雅之1, 森田 修1
1花王株式会社安全性科学研究所, 2国立医薬品食品衛生研究所 安全性予測評価部, 3京都大学工学研究科附属 流域圏総合環境質研究センター
P-20 バイオ3Dプリンターで作製したヒト肝臓モデルは創薬研究における臨床試験での有害事象を前臨床段階で予測できる可能性がある
♦長尾 映里, 張 光元, 木澤 秀樹, 島村 満, 鳥居 仁
株式会社サイフューズ
P-48 メチル水銀投与マウス脳内で活性化される転写因子の同定とその活性化機構
♦外山 喬士1, 王 妍コウ1, 金 ミンソク1, 2, 永沼 章1, 黄 基旭1
1東北大学大学院薬学研究科生体防御薬学分野, 2Department of Inhalation Toxicology Research, Korea Institute of Toxicology
P-56 水酸化PCBsによるアザラシ・イヌ エストロゲン受容体転写活性化能の評価
♦芳之内 結加1, 奥田 博貴1, 平野 将司1, 野見山 桂1, 田辺 信介1, 金 恩英2, 岩田 久人1
1愛媛大学 沿岸環境化学研究センター, 2Department of Life and Nanopharmaceutical Science and Department of Biology, Kyung Hee University, Korea
P-67 MEAを用いたヒトiPS細胞由来感覚ニューロンのin vitro痛み応答計測
♦小田原 あおい1, 2, 3, 松田 直毅1, 鈴木 郁郎1
1東北工業大学大学院工学研究科, 2東北大学 材料科学高等研究所(AIMR), 3日本学術振興会特別研究員


第43回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

優秀研究発表表彰式(2016年7月1日)
優秀研究発表表彰式(2016年7月1日)

(♦:受賞者)

P-3 有機溶剤成分1,2-ジクロロプロパンに起因する胆管がんリスクと胆汁排泄機構
♦豊田 優, 高田 龍平, 鈴木 洋史
東京大学医学部附属病院薬剤部
P-17 抗体医薬による重度急性輸液反応の潜在的リスクを検出する汎用in vitro 試験法の提案
♦岩田 良香, 原田 麻子, 原 俊子, 久保 千代美, 井上 智彰, 田保 充康, 三島 雅之
中外製薬株式会社研究本部安全性研究部
P-18 ヒトiPS細胞由来神経細胞でのin vitro microeletrode array (MEA)システムにおける神経毒性評価に用いる新たな解析方法の検討
♦岡村 愛, 白川 誉史, 永田 圭佑, 竹内 健一郎, 岡田 晃宜
アステラス製薬株式会社安全性研究所
P-21 γH2AXを指標としたin vivo 遺伝毒性評価系の構築-ラット肝臓における検討-
♦曽根 瑞季1,2, 豊田 武士1, Young-Man CHO1, 赤木 純一1, 水田 保子1, 西川 秋佳3, 小川 久美子1
1国立医薬品食品衛生研究所 病理部, 2東京農工大学 農学部 共同獣医学科, 3国立医薬品食品衛生研究研 安全性生物試験研究センター
P-72 新生仔マウスの超音波発声を指標とした新たな毒性評価手法の検討
♦木村 栄輝1, 遠山 千春1,2
1東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター健康環境医工学部門, 2筑波大学医学医療系環境生物学
P-89 東京由来ワルファリン抵抗性クマネズミクローズドコロニーでのワルファリン体内動態の解明
♦武田 一貴1, 池中 良徳1, 田中 和之2, 谷川 力2, 中山 翔太1, 水川 葉月1, 石塚 真由美1
1北海道大学獣医学部獣医学研究科毒性学教室, 2イカリ消毒株式会社技術研究所


第42回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

優秀研究発表表彰式(2015年7月1日)
優秀研究発表表彰式(2015年7月1日)

(♦:受賞者)

P-4Biotin-(PEAC)5-maleimide-ELISAを用いた親電子性キノン化合物によるタンパク質修飾の簡便アッセイの提案.
♦安孫子 ユミ1, 2, Nho Cong LUONG2, 熊谷 嘉人1, 2
1筑波大学医学医療系, 2筑波大学大学院フロンティア医科学専攻
P-6ベンゾ[a]ピレン胎仔期曝露が脳神経系に及ぼす影響のX染色体不活性化を指標とした解析.
♦熊本 隆之, 押尾 茂
奥羽大学薬学部衛生化学分野
P-7ダイオキシン母体曝露が出生児の発育に及ぼす影響:胎児期の成長ホルモン低下に着目した解析.
♦服部 友紀子1, 2, 武田 知起1, 藤井 美彩紀1, 伊豆本 和香1, 石井 祐次1, 山田 英之1
1九州大学大学院薬学府分子衛生薬学分野, 2日本学術振興会特別研究員
P-15Nefazodoneにより誘発されるヒト肝障害の肝毒性シミュレーションモデルを用いた予測.
♦長谷川 洵1, 齊藤 隆太2, 3, 小阪 圭吾3, 鳥本 奈緒2, 清水 俊敦1
1田辺三菱製薬株式会社 研究本部 安全性研究所, 2田辺三菱製薬株式会社 研究本部 探索研究所, 3田辺三菱製薬株式会社 研究本部 薬物動態研究所
P-24ジメチルアルシン酸のラット臓器DNAに対する作用.
♦山岸 由和1, 中西 将太1, 草苅 啓1, 横内 敬司1, 古川 賢1, 杉山 晶彦2
1日産化学工業(株), 2鳥取大学農学部
P-31スタチン誘発性骨格筋毒性発症に関わるmicroRNAの探索.
♦齊藤 駿, 中島 美紀, 中西 猛夫, 玉井 郁巳
金沢大学医薬保健研究域薬学系
P-43HepaRG細胞および免疫・炎症関連遺伝子マーカーを用いた薬剤性肝障害リスク評価系の構築.
♦織田 進吾1, 松尾 研太朗2, 深見 達基2, 中島 美紀2, 横井 毅1
1名古屋大学大学院医学系研究科 トキシコゲノミクス研究室, 2金沢大学 医薬保健研究域 薬学系 薬物代謝安全性学研究室


第41回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

優秀研究発表表彰式(2014年7月4日)
優秀研究発表表彰式(2014年7月4日)

(♦:受賞者)

P-25 ニコチンによる振戦発現のメカニズム解析
♦清水佐紀,水口裕登,奥村貴裕,國澤直史,徳留健太郎,落合 緑,溝辺雄輔,田村深雪,大高美幸,近持壽郎,高久保佑一,河合悦子,大野行弘
大阪薬科大学 薬品作用解析学
P-27 長期外用ステロイド療法に伴う瘙痒増悪とヒスタミンH4受容体拮抗薬の有用性
♦小沼盛司,山浦克典,伴野綾奈,大石信雄,船越彩花,諏訪映里子,田中里歩,佐藤史織,佐藤洋美,上野光一
千葉大学大学院 薬学研究院 高齢者薬剤学研究室
P-45 Methotrexate誘発肺線維化におけるEMTを介した肺胞上皮細胞の関与
♦大林真幸1,久保田聡2,カワセ彩1,神山紀子1,小林靖奈1,山元俊憲1
1昭和大学薬学部 薬物療法学講座臨床薬学部門,2湘南鎌倉総合病院
P-56 HepaRG細胞を用いたin vitro脂肪肝評価系の構築
♦曽根瑞季1,幸 克行2,池田直弘1,西山直宏1
1花王株式会社 安全性科学研究所,2花王株式会社 生物科学研究所
P-57 薬剤性胆汁うっ滞型肝障害発症リスク予測におけるサンドイッチ培養肝細胞を用いた肝毒性評価法の有用性
♦薄田健史1,関根秀一1,野崎麻友香1,松井 等2,長田智治2,堀江利治3,伊藤晃成1
1千葉大学大学院 薬学研究院 生物薬剤学研究室,2株式会社LSIメディエンス 創薬支援事業本部,3帝京平成大学 薬学部


第40回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

優秀研究発表賞受賞者の皆様

(♦:受賞者)

P-5 ナノ微粒子と抗原との相互作用は経皮曝露を介して未知のアレルギー反応を促進する
♦平井 敏郎1,吉岡 靖雄1,髙橋 秀樹1,市橋 宏一1,西嶌 伸郎1,吉田 徳幸1,角田 慎一2,3,東阪 和馬1,堤 康央1,2,3
1大阪大学大学院 薬学研究科 毒性学分野,2医薬基盤研究所 バイオ創薬プロジェクト,3大阪大学MEI センター
受賞者:平井 敏郎 《大阪大学大学院 薬学研究科 毒性学分野 博士後期課程2年》
P-9 In vitro眼刺激性評価法 Short Time Exposure (STE)試験の有用性検証
♦額田 祐子,安保 孝幸,許 睿,坂口 斉
花王株式会社 安全性評価研究所
受賞者:額田 祐子 《花王株式会社 研究開発部門 安全性科学研究所》
P-13 ヒスタミンH4受容体をターゲットとする新たな難治性掻痒治療に関する研究
♦佐藤 史織, 山浦 克典, 諏訪 映里子, 上野 光一
千葉大学大学院 薬学研究院高齢者薬剤学研究室
受賞者:佐藤 史織 《千葉大学薬学部薬学科5年》
P-39 Pregnane X receptor and aryl hydrocarbon receptor both participate in regulation of cytochrome P450 genes (CYP2s and CYP3s) in developing zebrafish
♦Akira KUBOTA, Benjamin LEMAIRE, Matthew TAKATA, Bruce WOODIN, Jared GOLDSTONE, John STEGEMAN
Biology Department, Woods Hole Oceanographic Institution
受賞者:久保田 彰 《ウッズホール海洋研究所 生物学部門 博士研究員(日本学術振興会海外特別研究員)》
P-42 エトポシドの反復投与による小腸P-glycoprotein の発現増加機構における ERM タンパク質の関与
♦小堀 宅郎,原田 慎一,中本 賀寿夫,徳山 尚吾
神戸学院大学 薬学部 臨床薬学研究室
受賞者:小堀 宅郎 《神戸学院大学 薬学部 臨床薬学研究室 博士課程3年》
P-64 レポーター遺伝子導入ラットを用いた短期腎発がん物質検出モデルの開発
♦松下 幸平1,石井 雄二1,高須 伸二1,黒田 顕1,木島 綾希1,能美 健彦2,小川 久美子1,梅村 隆志1
1国立医薬品食品衛生研究所 病理部,2国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター
受賞者:松下 幸平 《国立医薬品食品衛生研究所病理部 研究生》


第39回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

(♦:受賞者)

P-10FOXA2およびHNF1α遺伝子導入によるヒトES/iPS細胞から薬剤代謝能を有した肝細胞への分化誘導
♦高山 和雄1,2, 稲村 充1,2, 川端 健二2, 菅原 道子3, 菊池 きよ美3, 櫻井 文教1, 古江(楠田) 美保4,5, 水口 裕之1,2,6
1大阪大学薬学研究科分子生物学分野, 2独立行政法人 医薬基盤研究所 幹細胞制御プロジェクト, 3エーザイ株式会社, 4独立行政法人 医薬基盤研究所 難病・疾患資源研究部 培養資源研究室, 5京都大学再生医科学研究所 幹細胞医学研究センター 細胞プロセシング研究領域, 6大阪大学大学院 MEIセンター
P-155ダイオキシンは尿濃縮メカニズムを撹乱することでマウス新生仔に水腎症を引き起こす
♦吉岡 亘, 川口 達也, 相田 圭子, 藤澤 希望, 遠山 千春
東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター健康環境医工学部門
P-163鳥類異物代謝における重要なCYP分子種の特定とその種差の解明
♦渡邉 研右, 河田 みなみ, 川合 佑典, 池中 良徳, 石塚 真由美
北海道大学大学院獣医学研究科毒性学教室
P-220サリドマイドにより催奇形性を示すヒト型CYP3Aクラスター保持マウス
♦香月 康宏1, 2, 小林 カオル3, 大島 毅4, 墳崎 靖子5, 千田 直人5, 秋田 正治6, 鎌滝 哲也7, 阿部 智志1, 久保 欣也1, 千葉 寛3, 押村 光雄1, 2
1鳥取大学染色体工学研究センター, 2鳥取大学大学院医学系研究科, 3千葉大学大学院薬学研究院薬物学研究室, 4協和発酵キリン株式会社バイオ医薬研究所, 5三菱化学メディエンス株式会社分析技術開発部, 6鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科, 7北海道大学薬学部薬学研究院
P-242化学物質の皮膚感作性および感作強度を予測するバッテリー評価法の構築
♦宮澤 正明, 額田 祐子, 坂口 斉, 西山 直宏
花王(株)


第38回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

(♦:受賞者)

P-5 ノニルフェノールポリエトキシレート及びその光分解物はヒストンH2AXのリン酸化を誘導する
♦豊岡 達士,久保田 徹,伊吹 裕子
静岡県立大学 環境科学研究所
P-7 17α-ethynylestradiol (EE) の新生児期単回曝露による性周期への影響
♦高橋 美和,井上 薫,林 清吾,松尾 沙織里,森川 朋美,入江 かをる,小川 久美子,吉田 緑
国立医薬品食品衛生研究所 病理部
P-21 ジクロフェナク誘導性肝障害における免疫学的因子の関与
♦矢野 梓1,樋口 悟法1,常山 幸一2,深見 達基1,中島 美紀1,横井 毅1
1 金沢大学 医薬保健研究域 薬学系 薬物代謝化学研究室,2 富山大学 医学薬学研究部 病理診断学講座
P-35 機能未知蛋白質TEX27が示すのメチル水銀毒性軽減作用の機構
♦呉 成恩,黄 基旭,永沼 章
東北大学大学院 薬学研究科
P-45 血管平滑筋細胞遊走と血管リモデリングにおける銅トランスポーターATP7Aの新規役割
♦芦野 隆1,2,Sudhahar Varadarajan2,浦尾 紀文3,押川 仁3,Gin-Fu Chen2,Ronald D. McKinney2,3,深井 真寿子3,深井 透2
1 昭和大学 薬学部 毒物学教室,2 イリノイ大学シカゴ校 医学部 循環器内科/ 薬理学教室,3 イリノイ大学シカゴ校 医学部 薬理学教室


第37回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

(♦:受賞者)

P-76ナノマテリアルの安全性確保に向けて:非晶質ナノシリカの細胞内局在と安全性の連関に関する基礎情報の集積
♦吉川 友章1,2,鍋師 裕美1,2,赤瀬 貴憲1,2,栃木 彩恵子1,2,平井 敏郎1,2,仲里 泰太郎1,2,松山 恵吾1,2,近藤 小百合1,2,長野 一也2,阿部 康弘2,吉岡 靖雄2,3,鎌田 春彦2,3,今澤 孝喜5,伊藤 徳夫1,2,角田 慎一2,3,4,堤 康央1,2,3
1大阪大学薬学研究科毒性学分野,2 (独)医薬基盤研究所創薬プロテオミクスプロジェクト,3大阪大学臨床医工学融合研究教育センター,4 (独)医薬基盤研究所共同機器実験室,5大阪大学連携大学院薬学研究科医薬基盤科学分野
P-84ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた電気生理学的安全性評価の有用性
♦本多 正樹,清川 順平,田保 充康,木村 和哉,三島 雅之,千葉 修一,井上 智彰
中外製薬(株)安全性研究部
P-95薬物誘発性肝障害ラットの血漿における新規肝臓特異的mRNAの定量
♦大久保 慎吾,宮本 実,粟崎 奈緖子,宮本 由美子,高見 健治
武田薬品工業(株)医薬研究本部 開発研究センター
P-115ラット黄体に病理学的変化をもたらす化学物質の卵巣毒性解析
♦武田 賢和1,2,吉田 緑1,井上 薫1,高橋 美和1,坂本 洋平1,渡辺 元3,田谷 一善3,山手 丈至2,西川 秋佳1
1国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 病理部,2大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 獣医病理学教室,3東京農工大学大学院 共生科学技術研究科 獣医生理学教室
P-120多環芳香族炭化水素類(PAHs)に対する両棲類の異物代謝機構の解明:両棲類で観察された第II相抱合反応の特徴と種差
♦上田 春樹,中山 翔太,池中 良徳,石塚 真由美
北海道大学大学院獣医学研究科毒性学教室


第36回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

(♦:受賞者)

P-62短期発がん性予測システムのSDラットへの適用性
♦齋藤 文代,松本 博士,横田 弘文,美濃部 安史,矢可部 芳州
財団法人化学物質評価研究機構 安全性評価技術研究所
P-68CYP1A2およびCYP2E1発現アデノウイルスを用いた薬物誘導性肝障害の評価
♦豊田 泰之,深見 達基,中島 美紀,横井 毅
金沢大学医薬保健研究域薬学系 薬物代謝化学研究室
P-78新規ミトコンドリアDNA損傷の簡易解析法の開発
♦小野寺 章,荻田 郁弥,柏村 麻子,吉田 恵,堤 康央,伊藤 徳夫
大阪大学大学院薬学研究科毒性学分野
P-92メチル水銀による小脳障害のメカニズムに関する新しい仮説
♦廣岡 孝志1,杜 可2,山本 千夏1,2,安武 章3,衞藤 光明3,勝田 省吾4,鍜冶 利幸1,2
1北陸大学学術フロンティア,2北陸大学薬学部,3国立水俣病総合研究センター,4金沢医科大学
P-101薬剤誘発性不整脈予測におけるモルモット心筋を用いた各種イオンチャネル電流および活動電位持続時間の統合的評価の有用性
♦湯之前 清和,鈴木 晶子,伴 昌明,有村 由貴子,松尾 純子,春山 みほり,出口 芳樹,中村 隆広,洲加本 孝幸,福﨑 好一郎,永田 良一
株式会社新日本科学 安全性研究所


第35回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

(♦:受賞者)

 スタチン誘発性ラット骨格筋毒性に対する薬物トランスポーターの寄与
♦坂本 多穂
福島県立医科大学医学部薬理学講座
 カドミウムの毒性防御の細胞応システムを担う転写因子Nrf2
♦新開 泰弘
北陸大学学術フロンティア
 イメージングMS法の毒性バイオマーカー探索への応用
♦奈良岡 準
アステラス製薬株式会社 安全性研究所
 緑藻に対する化学物質の影響評価へのエコトキシコメタボローム解析の応用
♦新野 竜大
三菱化学安全科学研究所 横浜研究所生態化学研究部
 肝毒性誘発ラット末梢血中に存在するセルフリーの肝臓特異的mRNAの検出:安全性評価のための毒性バイオマーカーの可能性
♦宮本 実
武田薬品工業 開発研究センター


第34回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

(♦:受賞者)

 ラット体内における亜テルル酸及び亜セレン酸の代謝機構の比較
♦小椋 康光
千葉大学大学院 薬学研究院 衛生化学研究室
 ヒト組織因子(TF)ノックインマウスを用いた抗TF 抗体の毒性評価
♦櫻井 貴之
中外製薬株式会社 安全性研究部
 スタチン系高脂血症治療薬によるミトコンドリア膨潤およびそれに対するP-糖タンパクの関与
♦設楽悦久
千葉大学大学院 薬学研究院 生物薬剤学研究室
 GSH 枯渇マウスを用いたアモジアキンの肝毒性発現検討
♦清水 伸治
第一製薬株式会社 創剤代謝研究所
 エンドサイトーシス制御に関わるArk/Prk kinase family のアドリアマイシン耐性獲得機構における役割
♦高橋 勉
東北大学大学院 薬学系研究科 生体防御薬学分野


第33回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

優秀研究発表賞受賞者の皆様
おめでとうございます。

(♦:受賞者)

 BCRPによる医薬品、植物性発癌性物質および植物性エストロゲンの脳内移行制限
♦榎園 淳一
東京大学大学院 薬学系研究科 分子薬物動態教室
 銀杏中毒原因物質4’-O-Methylpyridoxineの血漿中ビタミンB6濃度への影響
♦小林 大祐
北海道医療大学薬学部 衛生薬学講座
 極微量の亜ヒ酸によるヒト末梢血単球から ヒ素誘導性マクロファージへの分化誘導作用
♦櫻井 照明
徳島文理大学 薬学部 衛生化学講座
 セファロリジンのトランスポーター介在毒性のDNAマイクロアレイによる解析
♦Jutabha Promsuk

杏林大学医学部薬理学教室
 構造異性体ジアミノトルエンのラット肝毒性におけるトキシコゲノミクス及びプロテオミクス解析
♦森脇 紀親
(株)三菱化学安全科学研究所 鹿島研究所


第32回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者

(♦:受賞者)

 ユビキチン・プロテアソームシステムで分解されるメチル水銀毒性増強蛋白質の検索
♦荻原 庸介
東北大学
 亜鉛による腎細胞障害へのNADPH oxidaseとERK活性化の関与
♦幸田 祐佳
大阪薬科大学 薬理学教室
 in vivoにおけるウサギ心筋遅延整流K+電流の特徴
♦仁科 拓
東京大学農学部 獣医学専攻 比較病態生理学教室
 薬物起因生phospholipidosisのtoxicogenomics解析
♦沢田 啓
武田薬品工業 医薬研究本部
 上皮型アミノ酸輸送系B0によるメチル水銀輸送の検討
♦Islam Rafiqul
杏林大学医学部 薬理学教室


第31回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞 受賞者 (第1~5選考委員会順)

5名への優秀研究発表賞
授与に際して、遠藤理事長が祝辞

(♦:受賞者)

 ♦森  郁生
武田薬品工業(株)
 ♦岡田 晃宜
山ノ内製薬(株)
 ♦玉井 朝子
(株)新日本科学
 ♦西山  成
香川大学医学部
 ♦佐々木正治
大正製薬(株)

PAGE TOP